--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

STAX SRM-727A

2009年11月12日 21:57

SRM-727A.jpg
SRM-727A

メーカー:STAX(スタックス)

規格
無帰還出力段搭載・DCアンプ構成ドライバーユニット
入力端子:1(RCA⇔XLR)
ボリュームダイレクト機能搭載
パラレル出力端子装備(RCA)

ドライバーユニット
●周波数特性:DC~115kHz(SR-007またはSR-404、1台使用時)
●定格入力レベル:200mV/100V出力時
●増幅度:54dB(500倍)
●高調波歪率:0.01%以下(100~10kHz/100 Vr.m.s.出力時)
●入力端子:1(RCA⇔XLR)
●入力インピーダンス:50kΩ(RCA)、50kΩ×2(XLR)
●最大出力電圧:450V r.m.s(1kHz)
●標準バイアス電圧:PRO 580V×2
●動作電源電圧:AC100V±5%、50~60Hz (電圧変更は変更できません)
●消費電力:46W
●動作周囲温度/湿度:0~35℃/90%以下
●外形寸法:195(W)×103(H)×420(D)mm(ツマミなど突起物含む)
●重量:5.2kg
●備考:スルーアウト端子(RCA)付ダイレクトインプット

※この商品はイヤースピーカーではなくドライバーユニットです。

参考価格
希望小売価格:138,600円
実売価格:115,000円程度

テクノロジーなど
オーディオ機器に求められる性能の第一は、どんなに微細な信号をも的確に耳に聴こえる空気の振動=音波に変換する能力です。だとすればまず電気信号→空気振動への変換系であるスピーカーにおいてはその振動体=ダイヤフラムは可能な限り軽量であることが必須条件。点駆動では避けられない分割振動も全面駆動を可能とすれば極少化も可能です。さらにヘッドフォン形式を採れば駆動すべき空気の質量も小さく、より理想的です。そんな理想に最も近い方式がエレクトロスタティック(コンデンサー)型です。スタックスではこれをあえて“イヤースピーカー”と呼称しその理想形を追求してきました。また駆動には専用ユニットが必要となることからその開発は同時に電気信号系の高音質化への追求をも意味するものでした。エレクトロスタティック型スピーカーの駆動にはマッチングトランス方式とアンプ方式があり、アンプでは半導体もしくは真空管による回路構築が可能です。電気信号系もまた回路構成、パーツなどにより音質が多彩に変化することは周知の事実。いづれを選択するか。さらにはオーディオの宿命として音決めの際に問われる音楽性という要素も加わってきます。ドライブ段を半導体出力とする新製品SRM-727Aは、スタックス・ドライバーユニット史上初めての出力段無帰還(NON- NFB)回路を開発、搭載。大電流エミッターフォロワー・Aクラス出力段のピュアバランス・DCアンプ構成。特に高域のダイナミックレンジの大幅な拡張を実現。ローノイズFET入力段とのシンプルな2段増幅回路により音の純度が高く、類い希な解像度と自然な開放感、強力な電源部に支えられた量感・質感表現など新境地を拓くドライバーユニット、誕生です。

■エレクトロスタティック方式は、厚さ数ミクロンの高分子フィルムのダイヤフラムを挟むようにしてドライブ電極が設置され、それぞれに+信号と-信号を入力して再生する方式。したがってピュアバランス出力のCDプレーヤーなどとXLR接続にすることにより変換回路の全くないバランス方式本来の音の聴取が実現します。
■出力段を無帰還(NON-NFB)大電流エミッタフォロワー・Aクラス増幅回路を新開発して搭載しました。よりダイナミックで躍動感に溢れた音質を実現しています。
■出力段のエミッタフォロワーは、低インピーダンス化を実現。高域のダイナミックレンジを大幅に拡大しました。
■カップリングコンデンサーを使用しないDCアンプ構成。
■入力段は、高音質ローノイズFETを使用、シンプルな2段増幅回路を構成。自然で純度が高く情報量の多い音質を実現しています。
■さらに、お好みのアッテネーターやプリアンプを接続する場合に、ボリウムユニットの重複を回避するダイレクトスイッチを搭載しました。
■音質・性能・環境を考慮したパーツを使用しています。
■磁性歪を回避するため、シャーシはアルミ材を使用、音の高純度化に寄与しています。
■増幅度を低く設定し、XLR入力時や高出力CDプレーヤーなどの使用時にも微妙な音量調整をしやすくしました。
■信号をそのままスルーするパラレルアウト端子を装備。
■コーナーを丸くし、シルバーヘアライン仕上げとするなど、ニューパネルフェイスデザインとしました。
■PROバイアス(5ピン)タイプのイヤースピーカーがご使用になれます。
■コントロール機能はボリウムのみ、入力はRCAまたはXLRを選択する1系統のみです。ピュアリティ至上の純粋なイヤースピーカー専用ドライバーユニットです。

レビューサイト
http://kakaku.com/item/K0000005252/
http://amazon.co.jp/o/ASIN/B000W1TOB8/haruword-22/ref=nosim

メーカーサイト
http://www.stax.co.jp/index-J.html

メーカー機種ページ
http://www.stax.co.jp/Japan/srm727a.html

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://newsmuda.blog72.fc2.com/tb.php/743-2c57ecc6
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。