--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

STAX SR-007A

2009年11月12日 01:54

SR-007A.jpg
SR-007A

メーカー:STAX(スタックス)

規格
●装着方式:オーバーヘッド型
●形式:開放型、プッシュプル・エレクトロスタティック・イヤースピーカー
●ユニット:
●再生周波数:6---41,000Hz
●インピーダンス:170KΩ (10kHz)
●感度(1mW):100dB/100Vr.m.s. 入力/1kHz
●許容入力:
●標準バイアス電圧:580VDC
●左右チャンネル表示:コード取り出し口に表示
- コードに実線--左
- コードに点線--右
●イヤーパッド:
- 肌に触れる部分は本革(スペイン産・ラム革)を採用
- 周囲のサポート部は高級人口皮革を使用
●使用周囲温度/湿度:0-35℃/90%以下・・但し結露しないこと
●コード:幅広低容量6芯平行コード、2.5m、PC-OCC
●プラグ:
●重量:365g(本体のみ)

●推奨ドライバーユニット:
SRM-007tA SRM-727A
他、STAXの5ピンPROバイアス搭載のドライバーユニットがご使用になれます

※このイヤースピーカーはドライバーがないと使用できません。

参考価格
希望小売価格:210,000円
実売価格:170,000円程度

テクノロジーなど
■SR-007Aは、前身のハイエンドモデルSR-007を音質的に更に練り上げました。

イヤースピーカーの音質を決定づける要素は、一つには音を創り出す発音ユニットそのものになりますが、もう一つの要素としてイヤーパッドを挙げることができます。これは一般のスピーカーシステムではキャビネットに相当する重要なパーツでもあります。SR-007Aでは、主としてこのイヤーパッドについて改良を進め、これまで高級人工皮革を採用してきた素材を見直し、スタックスの歴史上初めて本革を採用しました。長年にわたって安定した生産実績のある大型の発音体と本革による理想的なイヤーパッドの組み合わせによってスタックスのコンデンサーオーディオに新しい世界が拓かれます。

■繊細に、かつ豊潤に、楽曲のもつ多彩なイメージを素直に表現

イヤースピーカーの世界は、一般のフロア型スピーカーシステム同様に大型の発音ユニットでなければ得られない「音」があります。表現の繊細さは、コンデンサーオーディオのいわば得意技でもありますが、力強さを表現するにはどうしてもユニットの大型化が必要になってきます。発音ユニットの大型化を図ることで、「繊細さ」と「力強さ」を基本的に両立させ、さらに本革のイヤーパッドを採用することで、全帯域にわたり音の「豊かさ」を表現することができました。

※イヤースピーカーは専用のドライバーユニットに接続してお使いください。

レビューサイト
http://kakaku.com/item/20467011126/
http://amazon.co.jp/o/ASIN/B0013D3BPE/haruword-22/ref=nosim
http://www.phileweb.com/review/special/1003/

メーカーサイト
http://www.stax.co.jp/index-J.html

メーカー機種ページ
http://www.stax.co.jp/Japan/sr-007a.html

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://newsmuda.blog72.fc2.com/tb.php/732-05ab545a
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。