FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AKG K121Studio

2009年08月24日 11:49

akg_k121.jpg

K121Studio

メーカー:AKG(アーカーゲー)

規格
●装着方式:オーバーヘッド型
●形式:セミオープンエア・ダイナミック型
●ユニット:
●再生周波数:18Hz ~ 22.5kHz
●インピーダンス:55Ω
●感度(1mW):88dB SPL/mW
●許容入力:200mW
●コード:片出し、3m(ストレート)、OFC(無酸素銅)
●プラグ:ステレオミニプラグ(金メッキ)
●重量:(ケーブル含まず)
●イヤーパッドタイプ/素材:オンイヤー/ 合成皮革
●カラー(ハウジング部):ブラック×ゴールド
●寸法:幅190×高200×奥行95mm
●付属品:入力変換プラグ(ミニプラグ→フォーンプラグ、ねじ固定式、金メッキ)

参考価格
希望小売価格:オープン価格
実売価格:10000円程度

テクノロジーなど
■高音質の理由。上位機種譲りの音響技術。
K 121 Studioは、適度な遮音性と音抜けを備えたセミオープンエアー・ダイナミック型の、スタジオ・ヘッドホンです。AKGがプロフェッショナル・スタジオモニターヘッドホンのために開発した高品位「XXL トランスデューサー」を搭載。広いダイナミックレンジを実現しながら歪みを最小限に抑える音響特性に加え、ダイアフラムの厚みを調節してスムーズな動きを促す「バリモーションテクノロジー」を採用することで、入力信号を忠実に再現する、高い表現力を獲得しています。量感豊かで迫力ある低域とタイトで明瞭な中域、そして艶やかで美しく伸びる高域が、あらゆるジャンルの音楽を、立体感のある豊かなサウンドで描き出します。

■細部にまでこだわった、高品質設計。
K 121 Studioのケーブルには、信号の損失や歪みを抑え原音を忠実に伝送する高純度OFC(無酸素銅:Oxygen-Free Copper)を採用しています。入力コネクターには金メッキを施すことで経年変化による劣化を防ぎ、優れた耐久性を獲得。同様に金メッキを施した入力変換プラグ(ミニプラグ→フォーンプラグ)も付属しており、様々な再生機器をご使用いただくことができます。

■安定した装着感。
安定した装着感が得られるセルフアジャスト式のダブルヘッドバンド機構を採用しています。コンパクトなオンイヤータイプのイヤーパッドは、長時間のリスニングをお楽しみいただける柔らかく快適な付け心地です。万一汚れても、簡単にふき取ることができる合成皮革素材のため、手入れがしやすく、清潔に保つことができます。

レビューサイト
http://kakaku.com/item/K0000038547/
http://amazon.co.jp/o/ASIN/B001W6WDFG/haruword-22/ref=nosim

メーカーサイト
http://www.harman-japan.co.jp/akg/

メーカー機種ページ
http://www.hibino.co.jp/proaudiosales/info/archive2009/200906akg_k121.html

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://newsmuda.blog72.fc2.com/tb.php/54-c3404da6
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。