--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AUDIO-TECHNICA ATH-AD1000

2010年01月01日 16:46

ath-ad1000.jpg

ATH-AD1000

メーカー:AUDIO-TECHNICA(オーディオテクニカ)

規格
●形式:オープンエアーダイナミック型
●ユニット:φ53mm、OFC-7Nボビン巻きボイスコイル
●再生周波数: 5~40,000Hz
●インピーダンス:40Ω
●感度(1mW):100dB
●許容入力:1,000mW
●コード:エラストマー/PCOCC/3.0m
●プラグ:標準/ミニ金メッキステレオ2ウェイ
●重量:270g(ケーブル含まず)

参考価格
希望小売価格:42000円
実売価格:20790円~35400円(価格.com調べ)

テクノロジーなど
ath-ad1000_zu.gif
● マグネシウムフレーム採用で本体質量270gを実現。
● アルミニウム製パンチングケース採用で軽量化を追及。
● オープンエア専用設計アルミニウムハウジングφ53mmドライバーで繊細な音を再生。
● 新素材ダイアフラム採用で自然な音場を再現。
● 繊細な音を再現する高純度OFC-7N*1 ボビン巻きボイスコイルを採用。
● 3D方式ウイングサポート(PAT.)により快適な装着感。
● 絡みにくい高弾性エラストマーシースとPC-OCC導体コードを採用。
● イヤパッドにはやさしい肌触りのエクセーヌ*2 を採用。

*1:純度99.99999%の無酸素銅。通常の銅線は99.99% (4N)
*2:エクセーヌは東レ株式会社の登録商標です。

機種の特徴
■音質…フラット
○音抜けの良い高音。
○音場が広い。
○ウイングサポートにより、頭部の装着感が良い。
×長時間着けていると耳が痛くなる。
×音漏れ。
■総評…フラットに鳴らしてくれてオールジャンルに合うヘッドホン。
低音から高音まで無難に鳴らしてくれる。
装着感は付けた直後は良いが、数時間付けていると痛くなってくる。

レビューサイト
http://kakaku.com/item/20461510568/
http://amazon.co.jp/o/ASIN/B0006OQY32/haruword-22/ref=nosim
http://pcfuture0206.blog70.fc2.com/blog-entry-21.html
http://headfone.topicsc.com/arc/p24.php
http://kinebito.sakura.ne.jp/memo/blosxom.cgi/repo/audio/061227.html?seemore=y
http://www.phileweb.com/at-station/report.php?id=745
http://meta-metaphysica.net/journal/archives/2005/09/_audio-techinic.html
http://mell001.blog98.fc2.com/blog-entry-1082.html

メーカーサイト
http://www.audio-technica.co.jp/index.html

メーカー機種ページ
http://www.audio-technica.co.jp/products/hp/ath-ad1000.html

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://newsmuda.blog72.fc2.com/tb.php/35-1b96b2c9
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。