--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

beyerdynamic HEADZONE PRO

2009年10月25日 18:33

HEADZONEPRO.jpeg
HEADZONE PRO

メーカー:beyerdynamic(ベイヤーダイナミック)

規格
定格
■アナログ入力
 ●端子:RCAピンジャック
 ●入力インピーダンス:
 ●形式:10kΩ
■デジタル入力:FireWire
 ●端子:IEEE1394A、6ピン
■サンプリング周波数
 ●WDM:32kHz/44.1kHz/48kHz/88.2kHz/96kHz
 ●ASIO:44.1kHz/48kHz/96kHz
 ●Core Audio:32kHz/44.1kHz/48kHz/88.2kHz/96kHz
■量子化ビット数:24ビット
■ヘッドホン出力
 ●端子:6.3Φステレオホンジャック
 ●出力インピーダンス:100Ω
 ●ヘッドホンインピーダンス:32~600Ω
■電源:100V AC、50/60Hz(ACアダプター)
■消費電力:最大20W
性能
■S/N比:98 dB @ 1kHz、A-weighted
■周波数特性:10Hz~20kHz ±0.3 dB
■歪率:0.006%、1kHz、負荷250Ω@最大出力レベル

ヘッドホン部(DT 880 PRO)
●装着方式:オーバーヘッド型
●ユニット:セミオープン型
●再生周波数:5-35000Hz
●インピーダンス:250Ω
●感度(1mW):96dB
●許容入力:100mW
●歪率:0.2%以下
●ヘッドバンド側圧:3.5N
●コード:3m(引き伸ばし時) / コイル
●プラグ:ステレオ3.5mmミニジャック
●重量:295g(ケーブル含まず)

参考価格
希望小売価格:312,900円
実売価格:250,000円程度

テクノロジーなど
HEADZONE PROは5.1サラウンドのモニター環境をヘッドホンで実現するシステムです。
最新のDSPによる信号処理により、極めて自然で明瞭度の高いモニター環境を提供します。
HEADZONE PROの最大の特徴であるヘッドトラッキング機能は、
ヘッドホンに取り付けられた超音波発信機により本体プロセッサーが
ユーザーの頭の角度を検知して、常に音象の位置が一定となるように
リアルタイムに調整します。通常のヘッドホンによるモニターの場合、
ユーザーが頭の角度を変えると、ヘッドホンも一緒に動くため、
音像の定位は常にユーザーの頭と一緒に動くことになります。
しかし、スピーカーでのモニタリングの場合、ユーザーが頭を動かしても
スピーカーの位置が変わることはありません。
HEADZONE PROではヘッドトラッキング機能により、ヘッドホンでありながら、
スピーカーでのリスニングに極めて近いモニター環境を得ることができます。
また、付属のPCソフトウェアを使用することで、スピーカーの配置やルームサイズを
自由に設定することができ、自分に最適なモニター環境を構築することも可能です。
HEADZONE PROを使用すれば、モバイルレコーディングなど限られた環境下でも、
お気に入りのスタジオでのモニター環境に限りなく近い状態でモニターすることが可能です。

[ヘッドトラッキング機能について]
ヘッドホンに取り付けられた超音波発信機からの信号を本体プロセッサーで解析し、
常に音像の位置が一定となるように調整する機能です。
例えば、通常、右から音が聞こえたとき、脳は音量差や時間差をもとに
音源が右にあると仮定します(実際には顔の振動、反射による音色変化など
多くの要素が影響します)。しかしこれに加え、頭を音源に向けてわずかに動かすことで、
頭を動かしたときの音の聞こえ方の変化をもとに、脳は最終的な音源の位置を特定します。
ところが通常のヘッドホンを使用している場合は、右から音がしたのに合わせて
頭を右に向けても、ヘッドホンの向きも変るため、頭の動きで音源の位置を
特定することができません。このため、ヘッドホンの音は、たんに耳元で鳴っている
スピーカーの音として認識され、広がりのある定位を得ることはできません。
HEADZONE PROのヘッドトラッキング機能では、頭の角度に合わせて、
音の定位のための様々なパラメーターをリアルタイムで調整するため、
頭を動かすことによって定位を確定して頭部外定位を行うことが可能になります。
これにより、リスニングルームでスピーカーを使ってモニターしている状況に
非常に近い状態を作り出すことができ、実際にスピーカーでモニターしているような
感覚を脳に与えることが可能となります。

・5.1サラウンドに対応したサラウンドモニターヘッドホンシステム
・最新のDSP技術による自然で明瞭度の高いサウンド
・リスナーの頭の向きを検出して音の定位を調整するヘッドトラッキング機能
・モノラルから5.1サラウンドまで、自由度の高いスピーカー設定が可能
・アナログ5.1入力
・FireWire端子により、PCのオーディオインターフェースとして動作(デジタル入力)
・PC上で様々な設定が可能なHEADZONEソフトウェア付属
・プロ用ヘッドホンとして評価の高いDT880PROを使用
・HEADZONE BASE、ヘッドホンなど必要なものを
まとめて収納できるキャリングケース付属

レビューサイト
http://kakaku.com/item/20461611122/
http://amazon.co.jp/o/ASIN/B00111BR36/haruword-22/ref=nosim

メーカーサイト
http://www.teac.co.jp/

メーカー機種ページ
http://www.tascam.jp/list.php?mode=99&mm=9&c2code=12&c3code=86&scode=07BEHDZPRO

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://newsmuda.blog72.fc2.com/tb.php/333-62be4d48
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。