FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AKG K701

2010年02月24日 18:20

K701 リファレンスヘッドフォン
K701

メーカー:AKG(アーカーゲー)

規格
●装着方式:オーバーヘッド型
●形式:オープンエアーダイナミック型
●ユニット:
●再生周波数:10~39,800Hz
●インピーダンス:62Ω
●感度(1mW):93dB SPL/mW
●許容入力:200mW
●コード:3m
●プラグ:標準/ミニ
●重量:235g(ケーブル含まず)

参考価格
希望小売価格:オープン価格
実売価格:35,000円

特徴
■Kシリーズ最上位機種(2011年2月現在)
AKG K601の上位機種。
AKG Q701とはカラーリング違い。音質には差異はない。
AKG K702はK701をケーブル着脱可にしてカラーリングを変えたもの。音質に差異はない。
■Two-layerダイヤフラム(二層構造の振動板)により低歪みを実現。
■バリモーションシステムによりワイドレンジ再生。
■フラットワイヤーボイスコイル搭載。
■高純度OFCバイワイヤードケーブル搭載。(L/R各ユニット独立)
■セルフアジャスト機能付き本革製レザーヘッドバンド。
■3Dフォームイヤパッド。
■全ての機種にナンバリング。

自己レビュー
■音質…フラット
○解像度が高い
○音場が広い
×音漏れが多い
×長時間着けているとヘッドバンドが痛くなる
■総評…
アニメ「けいおん」でキャラクターが着けていて有名になったヘッドホン。
ネットでは「澪ホン」とも呼ばれている。
高音は良く伸び聞いていて心地よい。低音は丸い感じに出ている。
曲によってはもっと迫力があったほうが良いと感じられる。
解像度は全体的に高く音場は広い。曲のジャンルも選ばないで聴けると思う。
聞き疲れしない音だが、ヘッドバンドによって頭頂部が痛くなる所と少し蒸れるところ。
ヘッドバンドは数カ月使っていると大分慣れる。
しかし、使い始めは頭頂部がヘッドバンドの凸凹によって痛くなる。
音漏れは開放型の中でも多い。音量を上げると曲が分かるくらいに音漏れする。
コストパフォーマンスはサウンドハウスで買うのであれば良いと思う。

レビューサイト
http://kakaku.com/item/20461010807/
http://amazon.co.jp/o/ASIN/B000F8OEDQ/haruword-22/ref=nosim
http://ryuumon.blog.so-net.ne.jp/2009-01-15
http://mp3music.blog7.fc2.com/blog-entry-556.html
http://blog.goo.ne.jp/hp-9999_mp0/e/4b926c0c501ff79b7ffce3dd9b34de0e
http://aneku.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/_akg_k701_e6e5.html
http://akiumi.exblog.jp/i13
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0706/20/news034.html
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0912/25/news030.html

メーカーサイト
AKG:http://www.harman-japan.co.jp/akg/

メーカー機種ページ
K701:http://www.harman-japan.co.jp/akg/hifiphone/k701/

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://newsmuda.blog72.fc2.com/tb.php/28-e8890337
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。