FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ULTRASONE HFI-500 DJ1

2009年10月21日 21:59

DJ1.jpg
HFI-500 DJ1

メーカー:ULTRASONE(ウルトラゾーン)

規格
●装着方式:オーバーヘッド型
●形式:密閉 ダイナミック型
●ユニット:
●再生周波数:10 ~ 22000 Hz
●インピーダンス:64 Ω
●感度(1mW):103 dB
●許容入力:
●コード:3.0 m
●プラグ:φ6.3mm 金メッキプラグ(カールコード)、φ3.5→6.3mm 変換アダプター付
●重量:265 g(ケーブル含まず)

参考価格
希望小売価格:16,800円
実売価格:18,000円程度

テクノロジーなど
まず、そのシルバーハウジングとDJロゴが目を引く、スタイリッシュなモデルです。
このシルバー部分は光が当たると微弱に反射し、
クラブのスターであるDJパフォーマーの存在を引き立てます。
プロフェッショナルDJによるテストを繰り返し、
サウンドの面でも確固たる支持と評価を得ています。
長時間にわたってサウンド・プレッシャーにさらされる耳を保護するために、
S-Logic機構が重要な役割を果たします。
ハウジング部分は半回転させることができ、DJパフォーマンスに有効です。
また、コンパクトに折り畳み可能ですので携帯に便利です。

●S-LOGICについて
従来のヘッドフォンでは、
両耳のすぐ脇で音が発生し、頭の中に定位します。
「S-LOGIC」ナチュラル・サラウンドサウンド・システムは、
ヘッドフォンでありながら自然な音の響きと定位感を実現する
ULTRASONE.の特許技術です。
S-LOGIC方式では、スピーカードライバーをセンターから
意図的にオフセットした位置に組み込んでいます。
スピーカーから発した音は、
そのまますぐに器管の中に投入されず、外耳に反射します。
この外耳部分はいわば音が響く「部屋」であり、
人間は各々解剖学的に個性をもった外耳の形状を通して音を聴いています。
S-LOGIC方式では、その個性を反映した形で音が脳に到達するので、
音を空間的なイメージと共に再生することができるのです。

レビューサイト
http://kakaku.com/item/20460610699/

メーカーサイト
http://www.timelord.co.jp/ULTRASONE/index.html

メーカー機種ページ
http://www.timelord.co.jp/ULTRASONE/DJ1_HFIDJ1.html
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://newsmuda.blog72.fc2.com/tb.php/242-f645ab80
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。