--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Final audio design PIANO FORTE

2010年12月14日 13:49

DSCF1218.jpg
PIANO FORTE

メーカー:Final audio design(ファイナルオーディオデザイン)

規格
●装着方式:インナーイヤー型
●形式:ダイナミック型
●ユニット:15.5mm
●再生周波数:
●インピーダンス:16Ω
●感度(1mW):108dB
●許容入力:
●コード:約1.5m
●プラグ:
●重量:(ケーブル含まず)

参考価格
希望小売価格:
実売価格:非売品(雑誌ヘッドフォンブック2011初回付録:雑誌は2,000円)

テクノロジーなど
■ホーンスピーカーの理論をイヤホン実現。
■独自の開口部形状により、良好なフィット感とイヤーパッドの追放を両立。
■超大口径15.5mmφダイナミック型ドライバーユニット搭載。

レビュー
イヤホンというよりスピーカー的な鳴りに感じる。
音質は低域寄りで解像度は高くないけど、トータルでいうと結構良い感じです。
今までのFADのとおり音の響きや空気感を重要視していると感じるイヤホン。
中高音は、低音にマスクされている感じである。ボーカルは曇る。
ジャンル的にはクラシックが合うと思う。
BGM感覚で気軽に聞くことが出来るイヤホン。
特徴的な音なので、人によって評価に差が出ると思います。
作りはあまり良くない。特に開口部のフィルターの出来が残念。
しかしこれは雑誌の付録として考えると十分過ぎるつくりだと思う。

不満に思う点もあるが、今書いた通り雑誌の付録という点で見ると、
付録という枠を大きく超えた出来だと思います。
また、メーカーの方向性も十分に感じるイヤホンなので、良くまとめてきたものだと思う。
コストパフォーマンスは非常に良いと思います。

レビューサイト


メーカーサイト
http://final-audio-design.com/

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://newsmuda.blog72.fc2.com/tb.php/1928-baa35631
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。