--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ultimate ears Super.fi 5 EB

2010年04月06日 02:53

5EB.jpg
Super.fi 5 EB

メーカー:Ultimate Ears(アルティメットイヤーズ)

規格
●装着方式:カナル型
●形式:ダイナミック/バランスド・アーマチュア型
●ユニット:
デュアルドライバ
- バランスド・アーマチュア方式の高/中音域用
- 13.5mmダイアフラム採用ダイナミック方式の低音域用
●再生周波数:20Hz-16kHz
●インピーダンス:11 Ohms at 1kHz
●感度(1mW):119dB/mW
●許容入力:
●ノイズアイソレーション:26dB
●コード:約120cm
●プラグ:金メッキ処理の1/8(3.5mm)
●重量:約17g(ケーブル含む)
●付属品:
- 各種イヤーチップ
- メタリックケース
- サウンドレベル・アテニュエータ
- 標準プラグアダプタ
- クリーニングツール

参考価格
希望小売価格:オープン価格
実売価格:

テクノロジーなど
■ステージ実績のあるUltimate Ears社(プロフェッショナル・イヤモニター業界で80%のシェア)のテクノロジーを採用 > 世界中のトップアーティスト達の絶対なる信頼

■高/中高域用のバランスド・アーマチュア方式ドライバ > クリアでクリスプな高/中高域を実現

■低高域用のダイナミック方式ドライバ > ディープで安定した低音域を実現

■パッシブクロスオーバー > 正確なオーディオを再生

■16dBのノイズ・アイソレーション > ノイズが多い場所でもボリュームを上げる必要は不要

■特許のデュアル・ボア・デザイン > 高/中音域用と低音域用を分けた2つのカナルにより最大限の音場を実現

■メタルケース付属 > モバイルでの使用でもイヤフォンを保護

IE_20xb_custom.jpg

フルレンジの周波数特性とディープな低音域が必要ならIE-20 XBが最適です。ステージ実績のあるUltimate Ears社(プロフェッショナル・イヤモニター業界で80%のシェア)のテクノロジーを採用したIE-20 XBは、高/中音域用にバランスド・アーマチュア方式のドライバ、低音域用の13.5mmダイアフラム採用ダイナミック方式のドライバによるデュアルドライバ(2ウェイ)を採用することで、ダンスミュージックに卓越した低音域を提供します。耳の上から後頭部へイヤフォンケーブルを誘導する「イヤループデザイン」により、髪型を乱さず激しいライブパフォーマンス時でもズレません。同梱されたUniversal Fit Kitにより、優れた遮断性(16dB)と快適性が得られ高品位な音質で長時間音楽を楽しむことができます。ディープな低音域を求めるならIE-20 XBです。

機種の特徴
■音質…ドンシャリ
○低音の量感
○音場が広い
○ケーブル交換可能
×本体が大きい
×音漏れがある
■総評…
バランスド・アーマチュアとダイナミック型を一緒にした、かなり変わっている製品。
ダイナミック型の豊かな低音とバランスド・アーマチュアの繊細な中高音を出すことを狙いとしている。
低音の量感は素晴らしく、イヤホントップレベルの量。低音好きにおススメしたい。
しかし、低音の質は素晴らしいとはいえない。低音の量と質の両立は難しいか。。。
高音は若干シャリ付くが、音があまり埋もれずに聞こえる。
これは、他の低音よりのイヤホンと比べると、非常にクリア。
解像度などはSuperfi.5 proと比べると落ちる。
欠点はバランスドアーマチュアとダイナミック型の両方を搭載してるので、
本体が大きいこと。
音場は通常のイヤホンと比べると段違いに広い。
装着方法は、コードを耳に掛ける装着形式で耳に掛ける部分のコードには、
針金が内蔵されている。このため一度装着すると、次回の装着が楽になる。
慣れが必要だと思う。
装着感自体は普通だと思うが、装着具合によって音のバランスが変化する。
装着するとイヤホンが耳から飛び出て見えるので気になる人もいると思う。
本体はプラスチックなので高級感はない。

本体からコードを取り外して左右を入れ替える方法があるが、
低音の量と装着感、遮音性が上がるが、
やってみたところ、解像度などが下がるのでおススメしない。
(コードのL(R)と本体の(L)Rを装着。ただし、極性は合わせる。)
↓改造等の部分の「SHURE挿し」
http://wiki.nothing.sh/page/%A5%D8%A5%C3%A5%C9%A5%DB%A5%F3%A5%B9%A5%EC/Ultimate%20Ears

※「IE-20 XB」と「Super.fi 5 EB」はカラーリングが違うだけで、
音質的には差異はありません。
「IE-20 XB」は「Super.fi 5 EB」のOEM商品です。
販売している会社は違うが、同じ製品なので…。

レビューサイト
http://kakaku.com/item/20461910793/
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/tokushu/gen/20060405/116171/?P=5
http://y3land.com/mix/2006/01/27/ue-super-fi-5pro-review.php
http://d.hatena.ne.jp/tadanoat/20070327/1175000620
http://blog.livedoor.jp/bad_cicada/archives/51127376.html
http://herewego1969.blogspot.com/2007/07/ultimate-ears-superfi-5eb.html
http://iearhead.blog54.fc2.com/blog-entry-1990.html
http://zuke.blogtribe.org/entry-4d21fafcf0c2dd8f49bc7627fe292200.html
http://www.geocities.jp/ryumatsuba/ie-20xb.html
http://www.e-earphone.jp/shopdetail/001004000011/price/

メーカーサイト
http://ultimateears.com/

メーカー機種ページ
http://www.m-audio.com/products/jp_jp/Superfi5EB.html
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://newsmuda.blog72.fc2.com/tb.php/187-70a32e06
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。