--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AUDEZ'E LCD-2JB

2010年10月28日 01:51

LCD-2.jpg
LCD-2JB

メーカー:AUDEZ'E(オーデジー)

規格
●形式:開放型
●ユニット:
●再生周波数:5 Hz - 20 KHz, usable high frequency extension 50 KHz.
●インピーダンス:50 Ohms
●感度(1mW):91 dB/1mW
●許容入力:15W
●歪率:1%以下
●コード:ミニXLR仕様カスタムケーブル
●プラグ:
●重量:550 g(ケーブル含まず)
●付属品:
- バランス駆動接続用ケーブル
- カスタム木製ケース

* 日本仕様のLCD-2J、2JBには2本の独立したケーブルをL/Rチャンネルに割り当て
クロストークを排除し、音質の向上とバランスを更にブラッシュアップした特別仕様の
ヘッドホンケーブルが付属します。

参考価格
希望小売価格:オープン価格
実売価格:130,200円程度

テクノロジーなど
バランス駆動モデル

平面磁界・全面駆動式による完全受注生産
プロ・モニタリング・ヘッドホン。

Precise Sound

同極を対向させたネオジウムマグネットで形成された平面磁界の中に、コイルとなるサーキットプリント振動板を設置したAUDEZ’E(オーデジー)LCD-2のドライバーデザインは、最も理想的なプッシュ⇔プル構造を実現しています。振動板の前後に配されたバランスした磁界は振動板の運動に両面から作用します。これは微小な信号時のレスポンスを飛躍的に高め、大きな振幅時にも圧縮感がなく、広いダイナミクスの確保に貢献しています。

一般のコーン型のヘッドホンドライバでは構造上センターとエッジの駆動が均一には動作できないため位相差が多く発生します。しかしLCD-2に採用された平面磁界・全面駆動式では、駆動する力が振動板の全面で発生するためリニアなピストンモーションでの運動が可能となります。分割振動が抑制され、究極に低歪な再生を全帯域にわたり達成できるのはその為です。また、振動板が変移する速度を空気振動へ変換するため速度型(ベロシティーモード)の動作となる事は、イヤーパッド内の気圧を変化させる音圧型に比べ、振動板の動作の抵抗となる要素が圧倒的に少なくなります。またアコースティックチューニングによりヘッドホンリスニング時のピークポイントを補正。スピーカーで聴いているような空気感を持つ、聴感上における真のフラットレスポンスが実現されています。

誤差+/- 0.5dB以内という精度を誇る左右のドライバーは設置アングルを吟味しベストなサウンドをプロデュース。また、カリビアンローズウッドのイヤーカップやラムスキン製イヤーパッドがハイクラスな装着感と美しい外観を見事に両立させています。

AUDEZ'Eは精巧で高解像度なプロオーディオ向けスピーカードライバーを開発するリサーチカンパニーであり先進的な技術力は高く評価されています。当初はレコーディング&ミキシングエンジニアのためのリファレンスヘッドホンとして開発が行われた同社のヘッドホンは瞬く間に全世界で話題となり、初代LCD-1に続きLCD-2が満を持しての登場となりました。

レビューサイト


メーカーサイト
http://www.audeze.com/

メーカー機種ページ
http://www.2ndstaff.com/products/audeze/lcd-2.html?day=20101005

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://newsmuda.blog72.fc2.com/tb.php/1781-eb1f34aa
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。