--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AKG Q701

2010年10月22日 00:45

Q701.jpg
Q701

メーカー:AKG(アーカーゲー)

規格
●装着方式:オーバーヘッド型
●形式:オープンエアーダイナミック型
●ユニット:
●再生周波数:10Hz~39.8kHz
●インピーダンス:62Ω
●感度(1mW):93dB SPL/mW
●許容入力:
●コード:ケーブル着脱式/3m
●プラグ:6.3mm/3.5mm ステレオプラグ
●カラー:ホワイト、ブラック、グリーン
●重量:235g(ケーブル含まず)

参考価格
希望小売価格:オープン価格
実売価格:60,000円程度

テクノロジーなど
アメリカを代表する音楽プロデューサー クインシー・ジョーンズとAKGがコラボレーション。
AKGクインシー・ジョーンズ・シグネチャー・ラインの登場です。

レコーディング・スタジオなどで要求される解像度、再現性を高いレベルで実現したリファレンスクラス・ヘッドホンQ701。

■リファレンスと呼ぶに相応しい最高峰の音質
AKGリファレンスヘッドホン「K701」をベースに、オープンエアならではのナチュラルかつ、より洗練されたサウンドで音楽をお楽しみいただけます。

■Two-layerダイアフラムとバリモーションシステムの採用
「Two-layer(2層)ダイアフラム」
1つの層がダイアフラムの動きを最適化し、もう1 つの層がダイアフラムの不要な動きをダンピングすることで、入力信号に対し正確なレスポンスと低歪みを実現。
「バリモーションシステム(Varimotion System)」
ダイアフラムを重低域から超高域までを再生するサウンド・ゾーンと、このサウンド・ゾーンの動きを支えるムーブメント・ゾーンの2 つの部分で構成。それぞれに最適な厚みを持たせることで、よりスムーズな動作を実現。

■厳選された素材を投入
扁平リボン形状に加工されたボイスコイルを縦長方向に密集させて巻き上げるフラットワイヤーボイスコイルを採用。強力なネオジウム磁気回路と合わせて微小レベルの信号もクリアに再生。周波数レスポンスも拡大させ、超ワイドレンジ再生を実現しています。

■快適な装着感を実現
人間工学を考慮してデザインされた“3D-Form”イヤパッドを装備。セルフアジャスト機能付き本革製ヘッドバンドと併せて、長時間のリスニングでも聴き疲れしません。

■ケーブルは着脱可能
ケーブルはハウジングの部分で取り外し可能。高純度OFC バイワイヤードケーブルを採用し、片出しタイプながらL/R 各ユニットへのケーブルを独立させることで、相互干渉を防ぐチャンネル・セパレーションを実現。長さは3m(グリーン)と6m(ブラック)の2種類をご用意。

■入念なる出荷検査を実施
AKG独自の厳しい品質検査をクリアしたことを証明するシリアルナンバー入り。

レビューサイト
http://amazon.co.jp/o/ASIN/B0047HI6KI/haruword-22/ref=nosim

メーカーサイト
http://www.harman-japan.co.jp/akg/

メーカー機種ページ
http://www.harman-japan.co.jp/akg/hifiphone/q701/

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://newsmuda.blog72.fc2.com/tb.php/1758-7e90db65
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。