--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Klipsch Image X10

2010年02月18日 20:04

Image X10
Image X10

メーカー:Klipsch(クリプシュ)

規格
●装着方式:カナル型
●形式:バランスド・アーマチュア型1基
●ユニット:Full Range KG 926(バランスド・アーマチュア)
●ドライバ特性:Tuned bass-reflex system(バスレフ方式)
●再生周波数:5Hz - 19kHz
●インピーダンス:50Ω
●感度(1mW):110 dB SPL/mW(1mW)
●遮音性:-26dB
●許容入力:
●本体材質:アルミニウム製本体(酸化皮膜処理)
●コード:125cmビニール製ケーブル(Y字型)
●プラグ:3.5mm(L字型)
●重量:10g(ケーブル含まず)
●付属品:合成皮革製キャリングケース、コンパクトポーチ、1/4サイズアダプタ、航空機室内用アダプタ、サイズの異なる5種類のイヤーピース、クリーニングツール

参考価格
希望小売価格:37,905円
実売価格:30,000円程度

テクノロジーなど
快適な装着感と圧倒的な音質を誇る
スタイリッシュなイヤホン

世界最小最軽量でありながらも、洗練されたデザインを備えたImage X10。

その小さな見た目からは想像もできない程の高音質を誇る秘密は、専用設計されたKG926 バランスド・マイクロ・アーマチュアによってもたらされるワイドレンジでノイズレスな音質。

美しいフォルム、高級感溢れるデザインでありながらも、酸化皮膜処理が施されたアルミニウム製のボディは音をクリアに演出し、高い耐久性をも誇ります。

■Image X10の特徴
装着していることを忘れてしまう程に軽量化、小型化された、洗練された美しさを持つImage(イメージ)。高い再現性、歪みが発生しないノイズレスな音質、満足なダイナミック、繊細なニュアンスから息を飲むようなダイナミズムまで可能にする表現力、そして何処までもクリアでピュアなリスニング環境を提供します。

■世界最小最軽量に詰められた最新のテクノロジー
一般的にシングル・バランスド・アーマチュアを採用したイヤホンは高解像度で高精細な音質が特徴ですが、その反面ダイナミック型と比べて音痩せしてしまう傾向があります。クリプシュには劇場用スピーカーのトップ・ブランドとして長年培った技術があり、それらをイヤホンに惜しげも無く注ぎ込みました。結果、できあがったのは従来のシングル・バランスド・アーマチュア方式のイヤホンでは実現できなかった「高解像度かつダイナミック」な、まるで「スピーカーを小型化」したかの様な迫力ある音質のイヤホンです。

■高い遮音性、快適な装着感を提供するEar Gels
製品には耳にフィットする特許出願中の”Ear Gels”(イヤーゲルズ=イヤーピース)が 5 セット付属します。3 種類 (大、中、小) のシングルフランジと、2 種類のダブルフランジ (大、小) があります。

人の耳の形は大小様々ですが、耳の穴の形は概ね楕円形である事にクリプシュは着目し、ソフトシリコン性の柔らかな楕円形状のイヤーピースを開発しました。楕円形状のメリットは耳の穴に確実に納まり、高い遮音性を確保できると共に長時間の使用でも耳への負担が少なく、いつまでも快適な装着感を保てる事があげられます。その結果、高い遮音性は幅広い周波数帯域の可聴 = 高音質で音楽を鑑賞できる快適な環境を提供します。お手入れも簡単で、汚れた場合は水洗いをしてください。(良く乾燥させてからイヤホンに装着してください)

■洗練されたデザイン
Image X10が素晴らしいのは圧倒的な音質に限った事だけでありません。酸化皮膜処理が施されたアルミニウム製のボディは美しいデザインを演出するほか、高い耐久性を確保し、同時に遮音性をも高める効果があります。ボディとケーブルを繋ぐ流線型の黒いテール部分はフレキシブルに可動し、ケーブルのタッチノイズを抑える効果もあります。125cmのケーブルの長さも含めて、これらは普段の生活の中で繰り返し行なわれた製品テストの結果より導きだされた、使い勝手を考えたリアルな仕様です。

■ポータブル環境に適した設計
Image X10はiPodやiPhoneをはじめ、殆どのポータブル・プレイヤーに対応しています。必要な物はImage X10とポータブル・プレイヤーのみです、その他の特別な機器や装置は必要ありません。ポータブル・プレイヤーに繋ぐだけで、最高のパフォーマンスが発揮できるように設計されています。

機種の特徴
■音質…フラット
○世界最小最軽量
○音漏れが少ない
■総評…
小さいからといって音を妥協しているわけではなく、とても良い音を出してくれる。
同価格帯のものと比べると、音が完全に分離して聞こえるというわけではなく、
音が塊になって耳に入ってくる感じである。
低音も高音もしっかりとならしてくれて、聴いていて楽しい音である。
欠点らしい欠点もなく、良い機種だと思う。
あえていうならコードが細いので断線が怖い。

レビューサイト
http://kakaku.com/item/20464111311/
http://amazon.co.jp/o/ASIN/B001FOPW62/haruword-22/ref=nosim
http://www.phileweb.com/review/closeup/image-s4/review02.html
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20080801/np041.htm
http://silver0480.blog80.fc2.com/blog-entry-174.html
http://retromac.blog32.fc2.com/blog-entry-190.html
http://unusualsounds.net/blog/2008/08/image_x10_2.html
http://blog.livedoor.jp/guevara_k/archives/51248579.html
http://mammoth3.blog.so-net.ne.jp/2009-01-05-1
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/blog-entry-257.html
http://ameblo.jp/standing-at-crossroad/entry-10169651887.html
http://digital-happyswing.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-b7e5.html
http://d.hatena.ne.jp/hp2/20090316/1237226112
http://iearhead.blog54.fc2.com/blog-entry-1285.html
http://blog.livedoor.jp/guevara_k/archives/51313460.html
http://d.hatena.ne.jp/SUDO/20090209/p1

メーカーサイト
http://www.e-frontier.co.jp/

メーカー機種ページ
http://music.e-frontier.co.jp/product/x10/

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://newsmuda.blog72.fc2.com/tb.php/167-eb7e9fc4
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。