--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SONY MDR-EX1000

2010年09月03日 20:27

MDR-EX1000.jpg
MDR-EX1000

メーカー:SONY(ソニー)

規格
●形式:カナル型、密閉ダイナミック型
●ユニット:16mm、ドーム型 CCAW採用
●再生周波数:3-30,000 Hz
●インピーダンス:32 Ω
●感度(1mW):108 dB/mW
●許容入力:200 mW
●コード:1.2m/0.6m 7N-OFCリッツ線、Y型 着脱式
●プラグ:
- 金メッキL型ステレオミニプラグ(1.2m コード)
- 金メッキステレオミニプラグ(0.6m コード)
●重量:約8g(ケーブル含まず)
●付属品:
- コード(1.2m、60cm)
- ハイブリッドイヤーピース(SS/S/MS/M/ML/L/LL 各2)
- ノイズアイソレーションイヤーピース(S/M/L 各2)
- キャリングケース

参考価格
希望小売価格:61,950円
実売価格:50,000円程度

テクノロジーなど
原音に忠実な音質と自然な装着感、遮音性を徹底追求。
アウトドアで理想的なリスニング環境を提供するEXモニターシリーズ最高位モデル

■豊かな低音と伸びのある高音。大口径16mmドライバーユニット
大口径16mmダイナミック型ドライバーユニットを採用。ダイナミック型ならではの存在感のある低音と広ダイナミックレンジ、広帯域再生。帯域が広いため低音から高音までバランスよく、原音に忠実なクリアサウンドを奏でます。

■不要な振動を抑えて解像度の高い音を再生。液晶ポリマーフィルム振動板
伸度の高い液晶ポリマーワニスを用いたキャスティングフィルムを開発することで、高剛性と広帯域にわたる高い内部損失を両立しながらも、必要な薄さと成形に耐えうる強度を得ることに成功し、原音に忠実なサウンドを実現することができました。

■磁束密度を向上させ、高感度再生を実現。440kJ/m3 高磁力ネオジウムマグネット
音の解像度を高めるために、高いエネルギー効率を誇る440KJ/m3高磁力ネオジウムマグネットを採用。クリアな中高域とパワフルな低音を再生します。

■高音質と小型化を両立。ドライバーユニット一体型筐体
筐体の小型・薄型化のために、ドライバーユニットと筐体を一体化する構造を採用。これにより、部品間のわずかな隙間から発生する不要な空気漏れを無くすとともに、不要な振動を抑え、低音域でのスムーズなレスポンスを達成しました。

■不要な振動を抑える、軽量かつ堅牢なマグネシウム筐体
筐体に軽量で堅牢なマグネシウム合金を使用。筐体とドライバーユニットを一体化することで不要な振動を抑え、低音域でのスムーズなレスポンスと中高音域でのクリアなサウンドを再現します。

■手作業による音質調整、独自開発の音響調整機構
1台1台精密な測定を行いながら、音響抵抗素材の定数調整を手作業で実施。理想的な特性を得るために厳しい音質管理をクリアしたものだけを出荷しています。精密管理された音響調整部品と独自開発の音響調整機構による無段階の微妙な定数調整によって、これまで以上に高い精度で音質を管理します。

■音楽信号の伝送ロスを抑える、高純度 7N-OFC リッツ線
信号を伝送するコードに7Nグレード(99.99999%)の高純度を誇るOFC(Oxygen Free Copper:無酸素銅)を採用。伝送時の信号ロスが最小限に抑えられることにより音の劣化を極限まで少なくしています。

■大口径ドライバーユニットで優れた装着性を実現。密閉型バーティカル・イン・ザ・イヤー方式
直径16mmの大口径ドライバーユニットを採用するにあたり、ドライバーユニットを外耳道に対して垂直に配置する密閉型バーティカル・イン・ザ・イヤー方式を採用。また、装着性に大きく影響する筐体の厚みを極限まで薄くするため、筐体には高強度のマグネシウム合金を採用しました。これにより筐体の肉厚を一般的な樹脂素材を使用した場合に比べて30%以上削減しています。

■耳にあわせて高い装着安定性を実現。フレキシブル・イヤー・ハンガー
自由に曲げられ、形状を保つ特性を持ったプラスチック素材「テクノロート(R)」をハンガー部に採用。耳にあわせてハンガーの形状を変えられるため、優れた装着安定性を実現します。また、テクノロート(R)は軽量で折れにくいため、快適な装着性を実現します。

■耳の大きさにあわせて選べる、7種類のハイブリッドイヤーピース
2種類の硬度のシリコンを組み合わせた、ハイブリッドイヤーピースを採用。芯の部分を硬くすることで音の出口の形状を保持し、先端の潰れによる音質劣化を防止。外側の部分はやわらかくすることで外耳道への追従性を向上。密閉度を高め、長時間でも快適な装着感を実現しました。人によって違う耳の形状にあわせて、7種類のサイズのイヤーピースを付属しています。

■遮音性を追求した、ノイズアイソレーションイヤーピース
イヤーピースの内側に低反撥ウレタンフォームを備えることで、外耳道への圧力を均等にし、細かい凹凸にも追従。これにより、従来のイヤーピースと比較してより耳にフィットすることで、遮音性を向上します。

■2種類の長さを使い分けられる、着脱式コード
コードを着脱式とし、0.6mと1.2mのコードを付属。接続する機器に応じてコードを選択できます。

■コードの絡みを防ぐコードスライダー
コードスライダーを上下に動かして、コードの分岐を調節することでコードの絡みを防ぎます。

■高級感と使い勝手を両立した、本革製キャリングケース
持ち運びに便利なキャリングケースには、本革を使用。使い込むごとに出てくる風合いをお楽しめます。

レビューサイト
http://amazon.co.jp/o/ASIN/B00420UAJ0/haruword-22/ref=nosim
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20100903_391224.html
http://www.phileweb.com/review/article/201011/12/199.html
http://www.phileweb.com/review/closeup/z1000_ex1000/

メーカーサイト
http://www.sony.jp/

メーカー機種ページ
http://www.sony.jp/headphone/products/MDR-EX1000/index.html

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://newsmuda.blog72.fc2.com/tb.php/1656-6ed5df54
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。