--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ULTRASONE iCans

2010年05月05日 15:09

ULTRASONE ポータブル ヘッドフォン iCans Naos オープンエア ダイナミック型
iCans

メーカー:ULTRASONE(ウルトラゾーン)

規格
●装着方式:オーバーヘッド型
●形式:開放、ダイナミック型
●ユニット:
●再生周波数:20 ~ 20,000 Hz
●インピーダンス:35 Ω
●感度(1mW):101 dB
●許容入力:
●コード:115 cm
●プラグ:3.5mm ステレオミニプラグ
●カラー:
- Okta(ブラック&シルバー)
- Naos(ブラック&ガンメタリック)
- Aurum(ブラック&24Kゴールド)
- White(ホワイト&シルバー)
●重量:82 g

参考価格
希望小売価格:14,800円
実売価格:8,000円程度

テクノロジーなど
[ iCans ]は、洗練されたデザインだけでなく、自然な聴き心地の音場を生みだす「S-LOGIC」ナチュラルサラウンドサウンドと、電磁波を低減する「ULE」というULTRASONEを特徴付ける 2つの技術が搭載され、音楽を日常にするヘビーユーザーに「高音質」と「健康面への配慮」をお届けするパーソナルヘッドフォンです。

ULTRASONE製品を語るときに繰り返し登場する「S-Logic」や「ULE」の技術がポータブルヘッドフォン「iCans」にも活かされています。
イヤカップがやや大きめなのは、S-Logicの効果を実現するためです。 DSPを使わないハードウェア仕様による頭外定位を実現するためには相応の「物理的サイズ」が要求されます。 もともとポータブルでS-Logicの実現は無理だろう、というところからスタートし、さまざまな試行錯誤の上完成したのがこのデザインです。
ヘッドバンドからアジャスターを引き伸ばして耳の位置に合わせるようになっています。 これが最初は固くてうまく合わせにくいかもしれません。
金属ドライバーのため、エイジング(「ならし再生」をして)相当時間かけないと本来のサウンドクォリティは期待できなかったり、いろいろ手間のかかる部分はありますが、装着のベストポジションを見出して、自分なりの音楽でエイジングした「愛機」は手放しがたい音体験を与えてくれるはずです。
音漏れもかなり盛大ですが、メーカーとしては音漏れは外部環境の音を遮断しない、という性能の裏返しだと主張します。 iCansの使用想定シチュエーションでは外部の音がヘッドフォンの音に完全にマスキングされたら危険、外界とのコミュニケーションは断ち切るべきではない、というのが彼らの考えです。 iCansは、外界との微妙な関係を保ちながら自分だけのサウンドで自分だけの音楽を愉しむ、そんな携帯ヘッドフォンなのです。

●S-LOGICについて
従来のヘッドフォンでは、
両耳のすぐ脇で音が発生し、頭の中に定位します。
「S-LOGIC」ナチュラル・サラウンドサウンド・システムは、
ヘッドフォンでありながら自然な音の響きと定位感を実現する
ULTRASONE.の特許技術です。
S-LOGIC方式では、スピーカードライバーをセンターから
意図的にオフセットした位置に組み込んでいます。
スピーカーから発した音は、
そのまますぐに器管の中に投入されず、外耳に反射します。
この外耳部分はいわば音が響く「部屋」であり、
人間は各々解剖学的に個性をもった外耳の形状を通して音を聴いています。
S-LOGIC方式では、その個性を反映した形で音が脳に到達するので、
音を空間的なイメージと共に再生することができるのです。

●ULEについて
コンピューター用ディスプレイや携帯電話など、
現代人は電磁波に囲まれる環境で生活しています。
電磁波が人体にどのような影響を及ぼすのか、
様々な研究が世界的に進められている中、
ストレスや健康障害の原因になっているという報告もあります。
ULTRASONEはヘッドフォンという頭部に直接装着する製品のメーカーとして、
ユーザーの健康を第一義に置くべきという思想のもと、
ドライバーから発生して人体に到達する電磁波を低減する
「Ultra Low Emission」技術を開発しました。
潜水艦をシールドしてレーダー探知機に検知されないように開発された
「ミューメタル」という軍用の特殊金属を採用し、
ドライバー出力部をシールドすることで
最大98%の電磁波をシャットアウトするよう設計されています。

●V-Bassについて
豊かな低音域を得るためにエアダクトをエンクロージャー内に設けました。
高音質の開放型ヘッドフォンのようなバランスの良い音域を実現しています。

レビューサイト
http://kakaku.com/item/20460610705/
http://amazon.co.jp/o/ASIN/B000MLNS5G/haruword-22/ref=nosim

メーカーサイト
http://www.timelord.co.jp/ULTRASONE/index.html

メーカー機種ページ
http://www.timelord.co.jp/iCans/index.html

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://newsmuda.blog72.fc2.com/tb.php/1454-83ade950
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。