--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ELEGA DR-86C2

2010年04月13日 02:09

DR-86C2.jpg
DR-86C2

メーカー:ELEGA(エレガ)

規格
●装着方式:オーバーヘッド型
●形式:密閉ダイナミック型
●ユニット:
●再生周波数:20~20,000Hz
●インピーダンス:8Ω
●感度(1mW):105dB
●許容入力:
●コード:布編みコード2m
●プラグ:3P金メッキプラグ付き(ミニプラグは注文対応)
●重量:320g

参考価格
希望小売価格:31,000円
実売価格:31,000円

テクノロジーなど
録音モニターに DR-86C2

本格録音モニター用のヘッドホン。プロフェッショナルモニターベースの厚手イヤーパッドを使用しました。密閉性、耐入力性ともに一級品です。

DR-86C2は「エレガ」の新作です。もちろん高性能なプロ用ヘッドホン技術を投入。特に本格的な録音モニターとしてできています。デジタル録音機を駆使した録音現場での使用を考慮したヘッドホンです。アマチュア品では得られない頑丈さ、タフさ、さらにダイナミックレンジの広さを誇ります。モニターに欠かせない1つ1つの音を明確に聴き分けられるような、無響室を意識した残響分を抑えた音作りが特徴です。

■録音モニター用のDR-86C2の音
こちらは仕様としてはDR-592C2の兄弟のようなモデルです。しかし、イヤーパッドも振動板も全く異なります。形サイズとも592C2と同様ですが、イヤーパッドはさらに密閉度が高く、振動板も耐入力性に優れたものになっております。ただし、少しパッドの圧力は高めです。
そこから描き出される音は、まさにモニター調そのもので、妥協のない明確さが特徴です。592C2と聴き比べると分かりますが、音の残響感、ホールの音響感などの聞き分けができるようになります。その逆に、低音感はむしろ控えめに思えるでしょう。これはヘッドホンで脚色されることを嫌ったための証なのです。モニターの資質である低音、中音の明瞭度の高さ、これらを作り込む結果できた大人のです。
それでも低音の伸びは失われていません。低域的にも十分に低い方まで伸びきっています。これに劣らず高音も十分高いところまで再生する能力を備えています。まさにワイドレンジという形容詞が当てはまるでしょう。一般のヘッドホンから変えてみるとその音の違いの大きさに驚かれることと思いますが、これがプロ用のモニター資質なのです。

レビューサイト

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://newsmuda.blog72.fc2.com/tb.php/1421-e99ec462
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。