--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ELEGA DR-592C2

2010年04月13日 02:04

DR-592C2.jpg
DR-592C2

メーカー:ELEGA(エレガ)

規格
●装着方式:オーバーヘッド型
●形式:密閉ダイナミック型
●ユニット:
●再生周波数:20~20,000Hz
●インピーダンス:8Ω
●感度(1mW):110dB
●許容入力:100mW
●コード:布編みコード2m
●プラグ:3P金メッキ
●重量:310g

参考価格
希望小売価格:31,000円
実売価格:31,000円

テクノロジーなど
モニターと音楽観賞用に DR-592C2

デジタルオーディオ時代を迎えて、ますます頑強でダイナミックな音の得られるヘッドホンを望む方が増えています。特に録音ファンは、しっかりモニターでき、しかも明瞭度の良いヘッドホンを望んでいます。それに応えた待望のヘッドホンの発売です。エレガ DR-592C2をどうぞ。

DR-592C2は、プロ用ヘッドホンで歴史と技術を誇る「エレガ」が、長年培ってきた高性能なプロ用ヘッドホン技術を投入し、再設計した特別モデル。アマチュアの方には、特にCD-RやMD、DVD-RWなどの録音時に使用してもらいたいヘッドホンです。従来のアマチュア品とは全く作りが異なり、そのタフさとダイナミックさが大いに異なります。その堂々とした作りは、写真で確かめていただければお分かりでしょう。
すでに多くのご愛用者の方々がおられます。第一線で活躍されている録音ミキサーの方、さらに音楽愛好家の方々と、みなさんご指名でお買い求めいただいております。

■モニターと音楽観賞用DR-592C2の音
プロ用ながら音楽鑑賞用にも利用できる豊かな音を備えたのが特徴です。
大型の振動板と強力なマグネット、さらに密閉度の高いイヤーパッドのおかげで、十分に低いところの低音をすんなりと再生します。これはデジタルオーディオになって再現力を増してきた低音再生能力の向上にもピッタリと当てはまり、プロ用の資質を備えながら、デジタルオーディオへの対応性を高めてきた成果です。
もちろん高音も、非常に切れが良くシャープさを持ち合わせたなかで、刺激的な音にもならずに、絶妙なバランスで作り込まれています。
その中域は、音楽をつぶさに描き出すための最重要な帯域ですので、歪みの少ないプロ用らしい振動板の良さが発揮されており、解像度の優れた明確で奥行き感も手に取るように描き出せるものです。
この3モデルの中では音楽観賞用、モニター用の両方で利用できるオールマイティーさを備えたモデルです。

レビューサイト

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://newsmuda.blog72.fc2.com/tb.php/1420-51df8e29
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。