--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Frieve Audioの紹介

2010年04月12日 00:03

Frieve Audio

Frieve Audioは、
WAV、MP3を再生するソフトである。
個人的には、音楽再生ソフトの中でFrieve Audioが最も高音質だと思う。
音質的な利点が多いソフトだが、欠点も多いソフト。
ライブラリ機能を良くすればとても良いソフトになるのだが…。
とても惜しいソフトだと思う。

利点:
■高音質
■ASIOドライバ対応
■詳細にイコライザを設定できる

欠点
■音楽のライブラリ機能が悪い
■CPUの負荷が大きい
■対応ファイル形式が少ない

主な特徴
■マウスによる簡単な操作で目的のフォルダやファイルを再生できる音楽ファイルブラウザ
■プレイリストの再生が終わると、指定したプレイリストを小音量でランダム再生するBGM機能
■高機能、高音質イコライザ(直線位相FIRフィルタ、特性はマウスによる簡単操作でパラメトリック風に設定、マスター、各チャンネルにそれぞれ独立した特性を設定可能)
■高機能、高音質コンボルバ(任意のインパルス応答を2系統(M-Classは8系統)まで畳み込み可能)
■インターポレーションフィルタの係数を簡単なパラメータでカスタマイズ可能な高品質リサンプラ
■VST/AEP対応プラグインを8系統まで使用可能なエフェクト機能
■マイクを使った音響特性の自動測定機能
■高域の失われたMP3ファイルや、アップサンプリング後の信号の無い高域に擬似的な高域を付加するHyper Sonic Creation機能
■192kHz、32bitWavファイル、MP3他DirectShowで再生可能なフォーマットに対応
■内部処理64bit
■ASIOドライバに標準対応
■ネット上の音楽をキーワード検索して即座にストリーミング再生可能(Friejyu機能)

Frieve Audio↓
http://www.frieve.com/frieveaudio/index.html

ダウンロードページ↓
http://www.frieve.com/frieveaudio/download.html
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://newsmuda.blog72.fc2.com/tb.php/1401-777d22b7
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。