--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Logitec LBT-HP110C2

2010年04月04日 03:24

LBT-HP110C2.jpg
LBT-HP110C2

メーカー:Logitec(ロジテック)

規格
●装着方式:イヤーフック型
●機能:ワイヤレス・3Dサラウンド機能、マイク機能付
●形式:ダイナミック型
●ユニット:
●再生周波数:
●インピーダンス:20Hz~20KHz
●感度(1mW):105dB pre 1KHz
●許容入力:
●全高調波歪:0.5%
●コード:
●プラグ:
●カラー:ブラック、ホワイト
●重量:35g(両側,ケーブル含む)

●キャリア周波数:2.402~2.480GHz
●Bluetooth性能:
- Bluetooth 2.0準拠
- Class II
●周波数拡散:FHSS(周波数ホッピング方式スペクトラム拡散)
●対応プロファイル:
- A2DP(Advanced Audio Distribution Profile)
- AVRCP(Audio Video Remote Control Profile)
- HFP(Hands Free Profile)Ver1.5
- HSP(Headset Profile)
●マルチペアリング:2台
●通信距離:最大半径10m(障害物がない場合)
●最大通信速度(理論値):約2.1Mbps
●バッテリー:リチウムイオン/ボタン型充電池(3.7V/300mAh)
●充電時電源:USBポートより供給
●連続待受時間:約550時間
●連続動作時間:
- 連続音楽再生…最大10時間
- 連続通話…最大15時間

●接続可能な機器:
対応携帯電話…こちら
その他…
音楽再生 :オーディオプロファイル「A2DP」「AVRCP」に対応した機器
通話 :ハンズフリー通話プロファイル「HSP」「HFP」に対応した機器

※いずれの場合も、ハードウェア、ソフトウェア、Bluetooth用トランスミッター等が、それぞれに対応している必要があります。

参考価格
希望小売価格:オープン価格
実売価格:9,000円程度

テクノロジーなど
Bluetooth 2.0に対応した、耳かけタイプのステレオヘッドフォンです。マイクロフォンも装備していますので、ヘッドセットとしても使用することもできます。 Bluetooth対応の携帯電話やパソコン等とワイヤレスで接続することができますので、面倒な配線の必要がありません。高音質なサウンドや安定した通話を、ワイヤレスで快適に楽しむことができます。

3Dサラウンドを体感できる、3Dオーディオ技術「Sonaptic 3Dポジショナルオーディオテクノロジー」を搭載していますので、広がり、迫力のあるサウンドを楽しむことができます。また、著作権保護技術「SCMS- T」に対応していますので、ワンセグ携帯電話のワンセグの音声を、ワイヤレスで楽しむことができます。

音楽用、通話用の2台のBluetooth機器とのペアリングが可能で、音楽を聴いている時に着信した電話を、ヘッドフォンのボタン操作で取ることができます。大切な電話を逃すことがありません。

■3Dサラウンドを体感できるヘッドフォン
ヘッドフォンでも3Dサラウンド(立体的な音響表現)を体感できる、3Dオーディオ技術「Sonaptic 3Dポジショナルオーディオテクノロジー」を搭載しています。ステレオソースに対して、広がりのある音場空間を実現することができ、臨場感、迫力のあるサウンドを楽しむことができます。

2種類のサウンドエフェクトを搭載し、ミュージックソースや、好みにあわせて切り換えることができます。
- 3D
- 3D+高音/低音ブースト(3Dサウンドに加えて、高域および低域を強調します。)
- エフェクトOff
※サウンドエフェクトは、ボリュームボタン(+/-)を1秒間押しつづけることで【3D+高音/低音ブースト → 3D → Off】へと切り替えできます。

■著作権保護技術「SCMS-T」に対応
著作権保護技術「SCMS-T」に対応しています。
ワンセグ携帯電話のワンセグの音声や、SCMS-T対応音楽携帯電話の音楽を楽しむことができます。

※SCMS-Tとは、音楽データの転送の際に不正なコピーを防止するための著作権保護技術です。
Bluetooth携帯電話では、機種によりSCMS-Tが採用されており、これらの機種ではSCMS-Tに対応していないヘッドフォンでの音楽再生はできません。
また、ワンセグの音声はSCMS-Tを採用していますので、同様にSCMS-Tに対応していないヘッドフォンでの音楽再生はできません。

■Bluetooth 2.0対応 ワイヤレス ステレオヘッドフォン
Bluetoothのオーディオプロファイル「A2DP」「AVRCP」に対応した、ステレオヘッドフォンです。A2DPに対応していますので、クリアな音質で音楽再生が可能です。A2DPに対応した携帯電話やパソコン、オーディオ機器とワイヤレスにリンクして、音楽を楽しむことができます。

また、AVRCPに対応していますので、AVRCP対応のBluetooth機器と接続した場合は、再生/停止/スキップのリモートコントロールが可能です。(接続機器の仕様により、機能しない場合があります。)

■耳に負担をかけない軽量ヘッドフォン
「イヤークリップ」を耳にかけて使用するタイプのヘッドフォンです。イヤーピース単体で「35.5×12.5mm(直径×高さ)」と非常に小型で、両側のイヤーピースを合計しても「35g(質量)」と軽量です。さらに、イヤークリップにはクッション構造のパーツを装着し、長時間の装着でも耳に負担をかけにくい設計を施しています。

■コンパクトながら長時間使える
小型/軽量の設計にもかかわらず、音楽の連続再生「10時間」、連続通話「15時間」と長時間の使用が可能な高性能モデルです。

■オープンエア・タイプのスピーカーを採用し、超小型マイクロフォンも装備
スピーカー部は「オープンエア・タイプ」ですので、装着時の違和感が軽減されています。
また マイクロフォンは、ヘッドフォンとしての外観を損なわないように、超小型タイプが装備されています。

■ヘッドセットとしても使用可能!
マイクロフォンを装備し、ハンズフリー通話プロファイル「HSP」「HFP」に対応していますので、Bluetooth対応のハンズフリーヘッドセットとして使用することができます。Bluetooth対応の携帯電話とワイヤレスにリンクして、会話を楽しむことができます。パソコンと接続して、SkypeTM 通話やボイスチャットを楽しむ、といった用途にも使用することができます。

■2台のBluetooth機器を切り替えて使用可能
Bluetooth機器とのペアリングは、同時に「2台」まで行うことができます。オーディオプロファイル機器とハンズフリー通話プロファイル機器の、各1台とのペアリングが可能で、接続する機器の切り換えは「コールボタン」の操作で行うことができます。

音楽用、通話用と2台のBluetooth機器とペアリングしておき、音楽再生中に着信した電話を、本製品のボタンを押すだけで取ることができます。通話終了時、再度ボタンを押せば、音楽再生に戻ります。

※同じプロファイル機器の、同時ペアリングはサポートしていません。

■充電方法
・PCからの充電
本製品の充電は、付属の「USB充電ケーブル」をパソコンのUSBポートに接続して行います。USB充電ケーブルは表示ランプを装備していますので、充電状態を一目で確認することができます。

・コンセントからの充電
ACコンセントから直接充電を行いたい場合には、別売の「USBコネクタ用充電器」が必要です。USBコネクタ用充電器に、付属のUSB充電ケーブルを接続して使用します。

レビューサイト
http://amazon.co.jp/o/ASIN/B000Y5F178/haruword-22/ref=nosim

メーカーサイト
http://www.pro.logitec.co.jp/

メーカー機種ページ
http://www.pro.logitec.co.jp/pro/g/gLBT-HP110C2BK/

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://newsmuda.blog72.fc2.com/tb.php/1373-af426812
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。