FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ULTRASONE Edition8 Palladium

2010年02月12日 17:38

edition8 Palladium
Edition8 Palladium

メーカー:ULTRASONE(ウルトラゾーン)

規格
●装着方式:オーバーヘッド型
●形式:密閉ダイナミック型
●ユニット:40mmトリプル・バスチューブコントロールド・チタンドライバー
●再生周波数:6 Hz-42000 Hz
●インピーダンス:30 ohm
●感度(1mW):96 dB
●許容入力:
●コード:USC OFCストレートコード 1.2m
●プラグ:3.5mm ゴールド鍍金プラグ
●重量:260 g(ケーブル含まず)
●その他:エチオピアン・シープスキン レザー・イヤパッド&ヘッドパッド
●付属品:
- 4.0m USC OFC延長コード付属
- 6.3mm ステレオ・プラグ変換アダプター付属
- マドラスゴートスキン・キャリングバッグ付属

参考価格
希望小売価格:オープン価格
実売価格:180,000円程度

テクノロジーなど
軽量かつ堅牢なアルミニウム成型のヘッドバンド。
長さを調整するスライダーは、内部にシリコンボールベアリングを組み込み、
メカニカルな手応えとスムーズな出し入れを両立させました。

ヘッドパッドは十分なクッション厚を確保し、
柔らかなエチオピアン・シープスキンでカバーリング。
頭頂部を幅広くカバーするため、長時間の使用でも快適です。
イヤカップ表面には非常に硬度の高い希少金属「ルテニウム」箔が施され、
落ち着いた輝きを長く保ちます。
イヤパッドは耳をすっぽりと囲む形状で、
ヘッドパッド同様エチオピアン・シープスキンを採用。
肌に馴染む心地よさだけではなく、
密閉度を高め遮音性を向上させる効果をもっています。
パッドには奥行きがあるためキャビティとしての容量が豊かで、
S-LOGIC Plusの効果が十分に得られます。
また、ドライバー側の特定部位にフェルトを配することによって、
音響的コントロールを施しています。

音を再生する中枢「ドライバー」には、
トリプル・バスチューブ・コントロールド・チタン・ドライバーを新開発。

バスチューブとは、低域成分の伝達スピードを制御する機構で、
これを3個最適なポジションに搭載することにより、
ワイドレンジな再生帯域全体の高い解像度を維持しつつ、
かつタイトで量感豊かなベースサウンドを実現しています。

ヘッドフォンコードにはUSC(超柔加工)OFC(無酸素銅)ケーブルを採用。
持ち運びの際は、大切なヘッドフォンを保護するために、
きめ細かくなめされたマドラス・ゴートスキンの収納バッグ(付属)をご使用ください。

※edition8とedition8 Palladiumの違いは、
edition8のルテニウム箔の部分がパラディウムのブラッシュ仕上げに、
U形の装飾部はスチールのブラッシュ仕上げからブラックのハイテク・セラミックに
それぞれ変更されただけで、音質的には差異はありません。
また、表面のコーティングがミラーコートからマットコートに変更されました。
つまり、カラーリングと素材が若干変更されただけです。

●S-LOGICについて
従来のヘッドフォンでは、
両耳のすぐ脇で音が発生し、頭の中に定位します。
「S-LOGIC」ナチュラル・サラウンドサウンド・システムは、
ヘッドフォンでありながら自然な音の響きと定位感を実現する
ULTRASONE.の特許技術です。
S-LOGIC方式では、スピーカードライバーをセンターから
意図的にオフセットした位置に組み込んでいます。
スピーカーから発した音は、
そのまますぐに器管の中に投入されず、外耳に反射します。
この外耳部分はいわば音が響く「部屋」であり、
人間は各々解剖学的に個性をもった外耳の形状を通して音を聴いています。
S-LOGIC方式では、その個性を反映した形で音が脳に到達するので、
音を空間的なイメージと共に再生することができるのです。

●ULEについて
コンピューター用ディスプレイや携帯電話など、
現代人は電磁波に囲まれる環境で生活しています。
電磁波が人体にどのような影響を及ぼすのか、
様々な研究が世界的に進められている中、
ストレスや健康障害の原因になっているという報告もあります。
ULTRASONEはヘッドフォンという頭部に直接装着する製品のメーカーとして、
ユーザーの健康を第一義に置くべきという思想のもと、
ドライバーから発生して人体に到達する電磁波を低減する
「Ultra Low Emission」技術を開発しました。
潜水艦をシールドしてレーダー探知機に検知されないように開発された
「ミューメタル」という軍用の特殊金属を採用し、
ドライバー出力部をシールドすることで
最大98%の電磁波をシャットアウトするよう設計されています。

※「edition8 Ruthenium」、「edition8 Palladium」、「edition8 Limited」
は本体の材質が違うのみで音質的には違いはありません。
しかし、メーカー曰く「edition8 Limited」は一部ウッドを使っている部分があるので、
そこが音質に若干影響があるかもしれないこと。

レビューサイト
http://kakaku.com/item/K0000052561/
http://amazon.co.jp/o/ASIN/B002ZQ0JNA/haruword-22/ref=nosim
http://www.phileweb.com/review/closeup/edition8/
http://www.phileweb.com/news/audio/200910/31/9496.html
http://www.phileweb.com/review/special/1003/
http://www.phileweb.com/review/article/201002/10/92.html

メーカーサイト
http://www.timelord.co.jp/ULTRASONE/index.html

メーカー機種ページ
http://www.timelord.co.jp/ULTRASONE/edition8.html

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://newsmuda.blog72.fc2.com/tb.php/1275-cf033860
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。