--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

radius W ドブルベ HP-TWF11

2010年02月09日 19:26

W_HP-TWF11.jpg
W ドブルベ HP-TWF11 (HP-TWF11R)

メーカー:radius(ラディウス)

規格
●装着方式:カナル型
●形式:ダイナミック型(中低域用と高域用の2枚の振動板を搭載)
●ユニット:φ15mm/φ7mm DDM方式
●再生周波数:10~18,000Hz
●インピーダンス:24Ω
●感度(1mW):105dB/mW
●許容入力:20mW
●コード:約120cm(Y型)ナイロン
●プラグ:3.5mmステレオミニプラグ
●カラー:バーガンディー、ノワール
●重量:約5.5g(ケーブル含まず)

参考価格
希望小売価格:オープン価格
実売価格:16,000円程度

テクノロジーなど
ハイエンド音響システムの感動を、手の中に。

あなたがもし普通のイヤホンを欲しているなら、
申し訳ありませんがW【ドブルベ】 HP-TWF11はお勧めできません。
W【ドブルベ】 HP-TWF11は“ヘッドホン” という枠を超越した、
言うなれば「インナーイヤースピーカー」です。
シネコンクラスの映画館のサウンドシステムや、
コンサートホールのハイエンドPA システムを通した音。
それらには非常に強い、立体感、重力、存在感、躍動感、高揚感、臨場感が在ります。
そしてW【ドブルベ】 HP-TWF11にも、それらと同じ感動が在るのです。
今までのイヤホンやヘッドホンでは表現できなかった、肌でしか感じる事がで
きないような超低音域から、滑らかに、自然に広がって消える中~高音域。
可聴域を超え認識することこそできませんが、その存在を確かに感じる超高音域。
巨大な2Way スピーカーを独り占めにしている、そんな錯覚すら覚えるような空気感。
そんなW【ドブルベ】 HP-TWF11は、ヘッドホンの一つの答えであると言えます。

■独自構造ドライバーユニット"DDM方式ドライバー"
DDM(Dual Diaphragm Matrix) 方式とは
中低域と高域用の2枚の振動板を1つのドライバーユニット内に搭載する方式で、
2つの音域をそれぞれ別の振動板で鳴らす事で
ダイナミックかつ立体的で厚みのあるサウンドとワイドレンジを実現する方式です。

■細部にまでこだわった洗練されたデザイン
W【ドブルベ】 HP-TWF11は洗練されたラグジュアリーなデザインと
精密なディティールのヘッドによりクラシックな印象を持たせています。
繊細さとダイナミックさを合わせ持つクラシック音楽を
視覚化するというコンセプトを元にデザインされました。
また、上品な質感と機能性をもったナイロンケーブル、
プラグには金メッキ加工を施し、見た目の艶やかさだけではなくノイズの発生を抑え、
より解像度の高いクリアーな音を再生します。
またフロントハウジングは人間工学に基づいた設計/デザインとなっているため、
大きめのヘッドにも関わらず耳にしっかりとフィット致します。
W【ドブルベ】 HP-TWF11は機能美をも追求したデザインとなっています。

機種の特徴
■音質…低音より
○ダイナミック型での2Way
○布製コード
×高音があまり伸びない
■総評…今まではバランスドアーマチュア型での2Way方式はありましたが、
この機種は初めてダイナミック型での2Wayを実現している。
高音は、サ行は痛くならないがあまり伸びていない様子。
スペック的に見ても高音の周波数特性が18kHzなので広くない。
見た目は高級感があって、布製コードは癖がつきにくいと思う。
この機種の後継機種が出るとしたら、高音をダイナミック型らしく非常に伸びるようにしてほしい。

レビューサイト
http://www.phileweb.com/review/article/200911/17/78.html
http://playlog.jp/ivekotoko/blog/2009-12-07
http://ayuchin.blog11.fc2.com/blog-entry-942.html
http://nanpeidou.at.webry.info/200911/article_6.html
http://ameblo.jp/e-earphone/entry-10405535758.html#main
http://www.phileweb.com/review/special/1004/

メーカーサイト
http://www.radius.co.jp/Default.aspx

メーカー機種ページ
http://www.radius.co.jp/headphones/W/tabid/126/Default.aspx
http://www.radius.co.jp/headphones/tabid/68/ctid/3/pdid/gen000000000000066/Default.aspx
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://newsmuda.blog72.fc2.com/tb.php/1133-329293eb
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。