--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TEAC Filltune HP-F100

2009年11月25日 01:12

HP-F100.jpg
Filltune HP-F100

メーカー:TEAC(ティアック)

規格
ヘッドホン部:
●装着方式:オーバーヘッド型
●形式(骨導振動子):超磁歪式
●ユニット:
●再生周波数:
●インピーダンス:9Ω
●感度(1mW):
●許容入力:
●OFL(入力電圧1Vpp)※1μN=0dB:
- 103dB(20kHz)
- 102dB(1kHz)
●外形寸法(W×H×D):112mm×103mm×22mm(折りたたみ時)
●コード:
●プラグ:
●重量:約120g(ケーブル含まず)

専用アンプ部:
●連続使用時間:約10時間
●実用最大出力:0.76W+0.76W(3.6V)
●入力感度/インピーダンス:
- マイク入力:1.74mV/1.5kΩ
- ライン入力:61.6mV/16.9kΩ
●周波数特性:
- マイク:60Hz~15kHz(+0、-3dB)
- ライン:25Hz~25kHz(+0、-3dB)
●最大許容入力電圧:2V
●入力端子:
- マイク入力(φ3.5mm ステレオミニ ジャック、プラグインパワー対応)×1
- ライン入力(φ3.5mm ステレオミニ ジャック)×1
●出力端子:ヘッドホン(10極角型)×1
●電源:単4形電池×3個
●消費電流:0.5A
●外形寸法(W×H×D):32mm×134mm×24mm(突起物除く)
●重さ(電池含まず):約50g

●付属品:
- 専用アンプ×1
- 動作確認用 乾電池(単4)×3
- ステレオミニプラグケーブル(1m)×1
- 取扱説明書(保証書付き)×1

参考価格
希望小売価格:オープン価格
実売価格:50,000円程度

テクノロジーなど
■鼓膜を使わずに音を感じる
従来の空気振動で音を伝えるヘッドホンと異なり、Filltuneは音の振動を 頭蓋骨に伝えて内耳(蝸牛)で感じ取る骨伝導ヘッドホンです。鼓膜を使わず音を感じ取れるので、従来のヘッドホンではよく聴こえない方や、加齢に伴って高い音が聴こえづらくなった方でも音楽が楽しめます。(*1)

■本来の音を再現できるHi-Fi骨伝導ヘッドホン
Filltuneは、超磁歪(ちょうじわい)トランスデューサーを採用することで従来の骨伝導ヘッドホンでは困難だった高域帯の再生を実現し、倍音(*2)を含む本来の音を感じるのに最適なヘッドホンです。

*1 Filltuneは補聴器ではありません。また、音が聴こえ難い問題には様々な程度や要因があり、 全ての方が同様の効果を感じられることを保証するものではありません。
*2 基本となる音の周波数に対して整数倍の周波数を持つ音を倍音といいます。たとえば楽器の場合、楽器が奏でる音の中の特定の周波数に対する倍音が含まれているためにその楽器特有の音として 聴き取る事ができます。理論上、2つの異なる楽器を用いて同じ周波数の音を基本となる音の周波数だけで演奏した場合、楽器の違いが分からなくなると言われるほど、倍音は楽器や音声とっては非常な重要な成分です。

■超磁歪式骨伝導とは?
Filltuneは既存のヘッドホンと異なります。
従来からある普通のヘッドホンは、 スピーカーから出る空気振動が外耳と中耳の間にある鼓膜を震わせることで、 耳小骨が内耳に音を伝えます。これを気導といいます。しかしFilltuneでは、耳周辺の身体に直接振動を与えることで、外耳と中耳を介さず、骨を伝って感覚器がある内耳に音を届けます。これが骨導、或いは骨伝導と呼ばれるものです。

[ 通常(気導)のヘッドホン ]
外耳と中耳を通って空気振動を感覚器である内耳に伝え、音を感じます。

[ 骨伝導ヘッドホン ]
体や骨を伝わった振動が、感覚器である内耳(蝸牛)に伝わり、音を感じます。

市場の骨伝導ヘッドホンの多くは電磁式、動電式または圧電式と呼ばれるものです。対してFilltuneは超磁歪式を採用しております。超磁歪式は他の方式に比べて応答速度や振動発生効率に優れており、小型化や省電力化を図れるばかりか、非常に高い音まで再生できるという特長があります。

レビューサイト
http://kakaku.com/item/20468011023/
http://amazon.co.jp/o/ASIN/B000TU8Z8U/haruword-22/ref=nosim

メーカーサイト
hhttp://www.teac.co.jp/index.html

メーカー機種ページ
http://www.teac.co.jp/audio/teac/hpf100/index.html

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://newsmuda.blog72.fc2.com/tb.php/1021-18018935
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。