--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Final audio designのヘッドホンアンプの続報

2011年05月17日 22:45

Final Audio Design様から
ヘッドホンブック2011のヘッドホンアンプ、プレゼント企画の続報が来ました。

今回はヘッドホンアンプの簡単な仕様と筐体の試作画像をいただきました。

final-audio-design_headphone_amp_20110516.jpg
画像サイズはかなり大きいです。

仕様について…
■筐体はステンレス304削り出しで、筐体だけで700g以上
■電源は006Pバッテリー採用
■通常の商品企画ではありえない仕様
■「面白い」「馬鹿馬鹿しい」仕様

FADさんが、面白い仕様と言ってるようにポータブル可能でこの重量の製品はかなり面白い製品と思います。
イヤホンでもアンプでもFADさんの方向性は一貫して似たような方向に感じられるのでいいですね。
FADさんの製品は、音を聴く前に製品を見ただけでわくわくするようなものが多いです。
というか、ステンレス削り出しとなると、ここまででかなりのコストがかかっているのでは…。

製作はこの後、
仮組み→機構部品確認→音質調整→表面仕上→組み立て→完成
となるらしいです。

また、納期については震災の影響で多少遅れるらしいです。
これに関しましては仕方ないです。
やはり震災の影響は、間接的にいろいろな部分に広がっているのだなと感じます。

今回の連絡はこんな感じでした。
次回のメールが楽しみです。
スポンサーサイト

当選

2011年03月23日 16:41

Final Audio Design様の
「ヘッドホンブック2011特別プレゼント企画」に当選しました。。。

FADと言えば、
何千万円もするホーンスピーカーを販売したり、
イヤホン関係でいえば、クロム銅を使用したFI-DC1601SCや
BA型のheaven sなどの機種が有名です。
主にハイエンド系のイヤホンを製作しているメーカーですが、
最近では、ピアノフォルテIIで低価格帯にも進出してきています。
金属を上手く使った製品が多いのが特徴のメーカーです。


そして今回、
昨年末に発売された「ヘッドホンブック2011」の雑誌の中での
プレゼント企画に、当選させていただきました。


締切から一週間以内に当選者にメールを送るとの記述があり、
一週間経ってもメールが来なかったので
落ちたかーと思っていたら、来て驚いてます。


今回当たったのはヘッドホンアンプなのですが、
もともと、FADの製品の中でヘッドホンアンプがないので、
正直どんな製品が送られてくるのか未知数です。
おそらく、ヘッドホン祭りでポータブルヘッドホンアンプの試作機があったらしいので、
ポータブルヘッドホンアンプだと思いますが。
(祭りの際は試作機があることを見落としていた為、見ていません)


メールの記述を見る限り、
●発送は5月中
●非常に凝った仕様
●一般販売不可能なコストで製作
●順次、製作の途中経過を連絡する

となってました。。。
かなりガチな製品になってそうです。
プレゼント企画にそこまでコストがかかるものを送ってくれるのか。
嬉しい限りです。


気長に待って、到着したらレビューをしていきたいと思います。
期待しながら待ちます。

Final audio design PIANO FORTE

2010年12月14日 13:49

DSCF1218.jpg
PIANO FORTE

メーカー:Final audio design(ファイナルオーディオデザイン)

規格
●装着方式:インナーイヤー型
●形式:ダイナミック型
●ユニット:15.5mm
●再生周波数:
●インピーダンス:16Ω
●感度(1mW):108dB
●許容入力:
●コード:約1.5m
●プラグ:
●重量:(ケーブル含まず)

参考価格
希望小売価格:
実売価格:非売品(雑誌ヘッドフォンブック2011初回付録:雑誌は2,000円)

テクノロジーなど
■ホーンスピーカーの理論をイヤホン実現。
■独自の開口部形状により、良好なフィット感とイヤーパッドの追放を両立。
■超大口径15.5mmφダイナミック型ドライバーユニット搭載。

レビュー
イヤホンというよりスピーカー的な鳴りに感じる。
音質は低域寄りで解像度は高くないけど、トータルでいうと結構良い感じです。
今までのFADのとおり音の響きや空気感を重要視していると感じるイヤホン。
中高音は、低音にマスクされている感じである。ボーカルは曇る。
ジャンル的にはクラシックが合うと思う。
BGM感覚で気軽に聞くことが出来るイヤホン。
特徴的な音なので、人によって評価に差が出ると思います。
作りはあまり良くない。特に開口部のフィルターの出来が残念。
しかしこれは雑誌の付録として考えると十分過ぎるつくりだと思う。

不満に思う点もあるが、今書いた通り雑誌の付録という点で見ると、
付録という枠を大きく超えた出来だと思います。
また、メーカーの方向性も十分に感じるイヤホンなので、良くまとめてきたものだと思う。
コストパフォーマンスは非常に良いと思います。

レビューサイト


メーカーサイト
http://final-audio-design.com/




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。